子育てと雑談

RISU算数ブログ!8か月目の料金とデメリット

RISU算数は、訴訟トラブルやデメリットの

口コミが目立ちます。また、

体験レポートはアフェリエイトが多いです。

今回子供達がRISU算数に取り組んで

8か月目のレポートします。

RISU算数の学習状況

※RISU算数を全てクリアする最短は2年半です。

学習状況は、

のんびりでマイペースな小学校5年生の長女は

2.3日に1度取り組んでいます。

時間は30分ほどです。

親から声掛けしないとやらないこともあります。

 

小学校3年生の次女は、コツコツと取り組むタイプです。

毎日30分ほど取り組んでいます。

 

年長の三女は、勉強よりもスポーツが大好きな

活発な性格です。

毎日取り組んでいるわけではありませんが、

1週間に5日、5分という短い時間取り組んでいます。

RISU算数の進捗状況

長女は、4月から6年生になりますが、

まだ5年生の問題を解いています。

マイペースに取り組むのと、

ひとつの、問題をのんびりと解いているので

スピードが遅いからだと思います。

また、算数は得意な方ではなく

どちらかというと苦手な方でしたので

そのこともあって進捗スピードは緩やかです。

 

次女は学年相応の問題を解いています。

毎日取り組んでいますが、

はじめのテストの部分で、

学年下の問題をクリアできなかったので

下の学年からスタートしていることや、

間違えた所をできるまで取り組むため前に進みません。

 

三女は、4月から1年生になりますが、

三年生の内容を取り組んでいます。

1度に取り組む時間が短いですが、

凄い速さで問題を解いていくため

どんどん前に進んでいます。

しかし、

三年生の後半からは問題の言葉自体が

難しいようで理解するのに時間がかかっています。

RISU算数が難しい!

子供達はRISU算数の問題が難しい

と感じることがあるようです。

元々算数は得意な方ではなく、

むしろ苦手としている分野なこともあり、

過去につまずいていた問題などが出題されると

【難しいー!】と言いながら解説動画を見て解いています。

理解しないと前に進めないという部分は

他のタブレット教材にはないのでメリットだとも思いますが、

難しいからと取り組むことから遠ざかる原因にもなるので

デメリットだとも言えます。

幸い、

解説動画を見ながらなんとかクリアできているので

RISU算数が多少難しくてもいいかなって思っています。

ただ、園児さんがガンガンクリアしてしまっている状況をみると、

難しい用語、例えば短針・正四角形などの用語の意味などの解説を

問題と一緒に乗せておいてくれると

より一層取り組みやすいのではないかなって思います。

我が家では、RISU算数に出てきた聞きなれない用語は、

【正四角形のお皿を取ってくれる?】

【現在の時刻は?短針はどこの数字を指してる?】などと

ちょっと不自然ですが、言葉になれるまで

普段の生活の中で使うようにしています。

RISU算数の料金は?

RISU算数の1か月の使用料金は、

長女:3300円

次女:9350円

三女:9350円

という結果でした。

RISU算数の料金は、

クリアステージの数をトータルの利用月日で割った

平均クリアステージ数によって決まるため。

スタート時からぶっ飛ばして取り組んだ次女と三女の料金が

最高料金になっています。

なので、毎月沢山ステージをクリアするようなお子さんは、

最短クリア年数の2年半を目指して取り組んだ方が

安いかもしれませんよ。

 

書いてる人

こんにちは。meguです。

子育てとパートや家事の合間に副業でアフィリエイトをしてます。隙間時間の活用で副業をする方法をお伝えしてます。 参考になれば幸いです♪

詳しいプロフィールはこちら

メールマガジン配信中。登録は画像をクリック!