子育てと雑談

RISU算数/公文行きたくない人におすすめ!嫌いを好きにする方法

RISU算数と公文式はどちらも算数の先取り学習が可能です。

低学年から公文に通っているけど、

最近行きたくないと子供が言い出したら、

もしかしたら

公文式が合わないお子さんなのかもしれません。

そんなお子さんにはRISU算数がいいかもしれませんよ!

では、

RISU算数は公文式との違いや、おすすめをまとめました。

公文式行きたくない理由は?

公文式に通っているお子さんが(主に低学年のお子さんが多い)

公文にいきたくないと突然言い出すと困りますよね。

どんな理由があるのかまとめてみると、

・先生との相性が悪い

・先生の対応が塩対応。もっと褒めてほしいし、楽しく勉強させてほしい

・先生がこれぐらいわかるでしょ?という厳しい対応

・宿題が苦痛

・子供にとっては問題が難しい

・学校でもやった同じ問題を公文でも何度もやる

・数字の概念が身に付いてない・理解できない

(参考:知恵袋)

上記のような理由で、公文式をやめたくなるようです。

ざっくりまとめると、

先生との関係や出題される算数の問題について、

宿題や繰り返し学習な点が

辞めたくなる理由に上がっている印象を受けます。

やはり、

子供の特性によっては合わない場合もあるようです。

親の心配は、

公文での経験がきっかけで算数を嫌いになってしまうことではないでしょうか?

私自身、小学生時代に公文式で算数を学んでいました。

当時は宿題やるのが嫌でこっそりゴミ箱に捨てていたり、

何度も同じ問題を解くことに苦痛を感じて

泣きながら通っていた時期もありました。

それなのに、嫌いにはならず、

嫌々通いながらもいつの間にか算数の力が付いていたので

学校の成績もよく、算数好きになっていた経験があります。

ですから、公文式は素晴らしい教材や学習システムなのです。

しかし、子供が嫌がっていると親も心配ですよね。楽しく通って欲しいです。

そこで、

我が家の子共達が楽しんで取り組んでいるRISU算数と公文式を

勝手に比べてみました。

 

RISU算数と公文式の違いは?

・RISU算数の特徴

・中学受験までの算数内容に特化したタブレット教材

・数字の概念から図形に文章問題、確率など幅広い算数の問題が約1万問ある

・小学校の学習指導要領と文章を読み解く力に思考力を養う問題がある

・東京大学や早稲田大学出身のチューターが学習データを分析し、個別に合わせたサポート

・AIによって個人の理解度に合わせて問題がチョイスされていくシステム

参考:公式サイト

・公文式の特徴

人に解き方を教わるのではなく、自分の力で教材の問題を解く学習法

早い時期から自分で学び、

「高い学力」と「自分で学ぶ力(自学自習力)」をつけていくという公文式学習法

・繰り返し問題・計算問題に特化している

参考:公式サイト

・RISU算数と公文式の違いは?

公文式は、計算問題が多く、解き方は自分で考えるのに対して

RISU算数は東大や早稲田大学出身のチューターが解き方や考え方を分かりやすく

教えてくれます。

ですから、頭のいい人の考え方を知るこどができるので

要領よく算数の考え方を身に着けることができます。

 

自頭が良いお子さんなら公文式でも

難なくこなせて楽しいかもしれません。

また、

考えることが好きなお子さんも楽しいと思います。

ですが、

地頭は普通で、勉強よりも他に興味を示すお子さんならば、

賢い算数の解き方の発想は浮かばないのではないでしょうか?

効率よく頭のよい人の考え方を取り入れたほうが

算数好きになるのでないかと思います。

 

もう一つの違いは、公文式の算数は計算問題が多めです。

図形や確率に一部の文章問題は出題されません。

RISU算数は図形や文章問題に確率や面白い問題などなど幅広い範囲が出題されます。

ですから、公文のような宿題もあって問題を数多くこなすという

詰め込み型ではなく、

楽しんで算数の興味を引き出してくれるような問題が多いです。

公文式の算数がおすすめの人

・計算を処理する能力を上げたい

・計算スピードを上げたい

・小学4年生までの算数の基礎を固めたい

・解き方を自分で考えさせる方がよいと考えている

公文式は計算が中心で、繰り返し学習なので

計算能力が高くなります。

また、

自分で解き方を考えるので考える力もでるのかなと思います。

(私は解けなくて泣いていたのでよく解き方を教えてもらってました。。。)

RISU算数がおすすめの人

・計算問題ばかりは疲れる

・時計や図形、文章問題が苦手で算数の成績を上げたい

・解き方を自分で導き出せなくて泣いてしまう

・算数がわからないまま学年が上がってしまった

・自宅で好きな時間に好きなだけ自分のペースで学びたい

・ほめないと伸びずにモチベーションも維持されない

RISU算数は、詰め込み教育でもなく、繰り返し教育でもありません。

また、

問題を解くごとにチューターから解説動画や応援動画、褒めてくれる動画など

手厚いサポート動画が届くので子供も楽しく自分のペースで勉強できます。

問題を解く方法も地頭の良い人の方法を教えてくれるので

自然と地頭の良い人の考え方が身に付きます。

算数嫌いを克服するひと、算数の成績を上げたい人、算数を得意にしたい人

におすすめです。

約する前にお得にお試ししたいと考えておられる方は

こちらのクーポンコードをご利用ください^^

クーポンコード「avb07a」

RISU算数お試しはこちら

 

RISUきっずのお試しはこちら

まとめ

公文をやめたいとお子さんが言うようになったら、

なぜ行きたくないのかさぐり、

理由に合わせて算数を学ぶ方法を変えてみるといいと思います。

公文式にせっかく通ってみたけど合わなくてやめた人には

RISU算数がおすすめです。

今なら1週間体験できる制度もあるので

ためしてみてはいかがでしょうか?

書いてる人

こんにちは。meguです。

子育てとパートや家事の合間に副業でアフィリエイトをしてます。隙間時間の活用で副業をする方法をお伝えしてます。 参考になれば幸いです♪

詳しいプロフィールはこちら

メールマガジン配信中。登録は画像をクリック!