ツール・プラグイン

データを守るBackWPup導入・設定方法

 

こんにちは。meguです。

 

今回は、

頑張って作ったブログのデータ

が万が一消えてしまっても

復元できるようにバックアップをとってくれる

プラグインを紹介します。

 

そのプラグイン名は、

BackWPup

というものになります。

 

ワードプレスは、

2種類のデータ保存先があります。

・サーバー上のデータ:画像ファイル、テーマ、プラグインなど

データベース上のデータ:記事、カテゴリ、コメント、管理画面の設定情報など

これら2つの場所のデータをバックアップしてくれるのが

このプラグインになるんです。

 

【BackWPup導入方法】

 

プラグイン導入方法の説明動画を

参考にしてください。

 

ダッシュボード→プラグイン→新規追加をクリックします。

BackWPupを検索窓に記入し、みつけたら

インストール→有効化をクリックします。

次に、設定をしていきます。

設定方法

ダッシュボードbackWPup新規ジョブを追加の順にクリックします。

一般の設定をしていきます。

一般設定

・名前を決めます。

・次にデータベースのバックアップをチェックします。

・アーカイブ名はそのままです。

・アーカイブ形式は、Windowsとmacそれぞれで選択します。

・保存方法をフォルダーへバックにチェックします。

・最後に、エラーのところにチェックを入れ完成です!

スケジュール設定

スケジュール設定は、

・WordPress の cronにチェック

・基本にチェック

・スケジュール 毎週にチェック(アクセスの少ない時間で)

を設定していきます。

最後に変更保存をクリックしてください。

 

OBバックアップ

ここはそのままで大丈夫です。

宛先フォルダー

file-backupと、最後の語尾を追加し、

フォルダー名を分かりやすくすると便利です。

 

 

書いてる人

こんにちは。meguです。

子育てとパートや家事の合間に副業でアフィリエイトをしてます。隙間時間の活用で副業をする方法をお伝えしてます。 参考になれば幸いです♪

詳しいプロフィールはこちら

メールマガジン配信中。登録は画像をクリック!