子育てと雑談

不妊治療の費用はかかった期間で変わる!平均は?妊活成功の秘訣

こんにちは。meguです。

不妊治療を検討されている方は、

治療費が一番気になるのではないでしょうか?

そこで、今回わたしの実体験も踏まえてまとめてみました。

不妊治療の費用はどのくらい?

不妊治療の費用は、

どこまで治療を進めるのか

ということや、

不妊の原因によっても変わってきます。

治療のスタートとして、

ご自身の検査や、パートナーの検査から始まります。

その後、状態に合わせて

タイミング療法、クロミッド療法、HMG-HCG療法

等を行い、

半年~1年程で成果が出ないと、

人工授精、体外受精、顕微授精方法へと進んでいきます。

しかしこのような治療の流れは

年齢等の個人差もあるので一概には言えないです。

主治医とその都度相談して治療を進めることになります。

費用は、

タイミング療法、クロミッド療法、HMG-HCG療法

だと、保険適用だそうです。

わたしは

1回の通院では600円~3000円ほどでした。

卵胞の大きさや、排卵状況を調べる為に

2、3日に1回通院してました。

 

人工授精、体外受精、顕微授精方法に進むと、

保険適用外の治療が増えるので、金額も上がります。

1回の通院で1万円以上、人口受精が2万円、

その前後の診察や投薬などは実費です。

体外受精となると、

管理や保存、卵子を摘出するための手術や入院も行われるので

必然的に治療費もあがります。

 

私は、人口受精を2回して授かったので、

体外受精や顕微鏡受精の説明を聞いただけですが、

1回行うのに20万円~30万円かかるようです。

これは、病院によって金額がかわります。

このことから、

不妊治療にはお金がかかることがわかると思います。

しかし、

短期間で終わるのなら、子供を授かることができるのであれば

頑張りたいという気持ちがある方もいますよね。

しかし、

治療がいつ終わるのかなんて

わかりません。

治療期間がかかりすぎて

総額が1000万円になってしまうことも

あるようです。

かかった期間の平均は?

 

不妊治療の妊娠までの平均治療費は140.6万円

平均治療期間は25カ月であることがわかった。

治療別で見ると、

高度不妊治療によって妊娠した人の場合、

「体外受精」で妊娠した人の平均治療費は134.2万円、

平均治療期間は29.2カ月

(引用:https://news.mynavi.jp)

治療の平均期間を調べてみると、

25か月でした。

2年位で治療を卒業されているようですね。

 

そして平均治療費は140万円でした。

不妊治療をするのにはほかにも大変なことがあります。

それは、通院時間の確保です。

治療内容によっては、

2,3日に1度受診しなければならなかったりするので、

そこまでしょっちゅう時間の取れる仕事ではない場合、

治療を進める為に退職する必要も出てきます。

 

妊活に専念できる環境も必要となるので、

そうなると収入が減りますね。

わたしも退職して妊活に専念したので

収入がなくなり、貯金を切り崩してました。

結果、すっからかんになりましたよ(笑)

実は、治療費よりもかかったものもあるんです!

不妊治療が高いのは、医療費以外にある!

不妊治療していても思うよな治療成績が出ないとき、

ついつい民間療法や

縁起担ぎをしたくなるものです。

そこにハマるとえらいことになりますよ!

わたしも、やってました。

体質改善とか言って、漢方を飲んでました。

それが高くって、月に5万円位してました。

その他にも、鍼灸もしてました。

 

更に

縁起担ぎとかもしました。

子宝神社に行ったり、子宝草を育てたり。

お墓掃除を頻回にして、

ご先祖にお願いもしてました。

 

散々いろんなことを試してみた結果、

民間療法も、不妊治療もやりすぎずに、

いつかできたらいいや~って思って

人生楽しんだ方が子供はできやすいなって思いました。

 

わたしは、

人口受精を2回して、もうできなかったら

それでいいやって思ってたんです。

 

開き直って人口受精2回目の結果のための診察も

砂利道をバイクで通って通院してましたよ(笑)

それでもできる条件さえそろえばできるんだなと

不思議な感じでしたよ。

不妊治療は保険適用?お得にするには医療費控除と助成金を活用

不妊治療はお金がかかるし、

治療をしながら仕事を継続することも大変になる。

結構大変な治療です。

 

そこで、少しでもお得に治療を行う為には、

助成金を利用するといいですよ!

制度の内容はそれぞれの地域によって異なるので、

お住まいの自治体の保険センターに確認してみてください。

 

その他には、医療費控除も受けられます。

これは、ほかの病気でかかった医療費と同じように

鍼灸や交通費等も控除の対象ですよ。

 

少しでも補助があるのは嬉しいですよね。

不妊治療の費用はかかった期間で変わる!平均は?妊活成功の秘訣まとめ

不妊治療の平均期間は25か月、

平均治療費は140万円でした。

その他にも、鍼灸や、整体へ通ったり、

漢方やサプリ等の民間療法を活用したりしていると、

それ以上にお金がかかってきます。

 

しかも、治療は肉体的にも負担になるので、

ストレスもかかる大変な治療です。

そのような治療を終え、無事に子供を授かるには、

絶対に妊娠してやる~というガツガツさではなく、

まあいっか という

ゆるさがポイントかなって思います。

書いてる人

こんにちは。meguです。

子育てとパートや家事の合間に副業でアフィリエイトをしてます。隙間時間の活用で副業をする方法をお伝えしてます。 参考になれば幸いです♪

詳しいプロフィールはこちら

メールマガジン配信中。登録は画像をクリック!