子育てと雑談

四人目も女の子?男の子?産み分けのコツや確率は?

こんにちは。meguです。

 

三姉妹ママあるあるなんですけど、

四人目を妊娠すると必ずと言っていいほど

「次は男の子だといいね」とか、

「男の子が生まれなかったら5人目も頑張る?」など

性別に関することをよく言われるのですよ。

それだけ、

生まれてくる子供の性別を重要視している人が多いみたいです。

子供の性別で一番言われたくないのは、

義理の両親から【跡取り息子】という言葉ですねえ。

そんなときは離婚という文字が頭をよぎりますが。。。

 

もし、

子供の性別を選ぶことが出来たら

子供の性別での悩みがグッと減ると思います。

そこで、

産み分けのコツや確率を調べてまとめてみました。

 

また女の子?また男の子?三人目・四人目が同姓である確率

子供が三人以上同性である確率って

一体どのくらいなのだろうかと

四人目を妊娠中にめっちゃ気になっていたんです。

それで調べた時に出てきたのが、

【2人同性の場合、3人目も同性の確率が75%】

【子供を4人産むと性別の比率が大体3:1になる】

【3人同性続くと4人目も同性の確率は80%】

という情報でした。ソースが個人ブログだったり知恵袋だったりと

確かな情報でないので信憑性が低いですよね。

私が知ってる4人お子さんがいる家庭だと、

男の子ばっかりの家庭、一人男の子3人女の子、一人女の子三人男の子

という見事にバラバラな結果なんですよ。。。

 

これじゃあ、余計に確率がわかんない!!

ということで、

実際にTwitterでアンケートを取った方のデータを参考にしてみると

 

ということで、

アンケートをもとに確率を計算したら

数学上は性別の比率が3:1になる確率が一番高かったらしいです。

これは、へえーって話ですよね!!

確率が分かったところで、

希望する性別が必ずしも叶うわけではありません。

 

そこで、次に気になるのが産み分けではないでしょうか??

産み分けのコツは?

性別は、

小学校の頃に習ったメンデルの法則にあるように

染色体がXXなのかXYなのかによって決まります。

 

卵子の染色体はXと決まっているので、

X染色体遺伝子を持つ精子か、

Y染色体遺伝子を持つ精子か、

どちらかが出会うかを操作する行為になります。

 

しかし、

これは絶対にこうなる!!という方法ではないのですが、

ちょっとしたコツがあるらしいんですね。

男の子を産み分けるコツ

男の子を生み分けるコツは、

膣内のアルカリ性・Y精子の寿命は1日

にポイントを置いて行動すると良いようです。

具体的な行動としては、

・産科へ行き、リンカル(リン酸カルシウム)を性交するまでの2ヵ月間内服する

・産科へ行き、グリーンゼリー(アルカリ性のゼリー)を性交前に膣内へ挿入する

・アルカリ性食品、魚、野菜を沢山食べて体内をアルカリ性に傾ける

・Y精子は寿命が1日なので排卵日に性交を行う

・性交時、オーガズムを感じてアルカリ性の分泌物を排出するようにする

というものがありました。

女の子を産み分けるコツ

女の子を生み分けるコツは、

X精子の寿命が2~3日・酸性に強い

にポイントを置いて行動すると良いようです。

具体的な行動としては、

・産科へ行き、ピンクゼリー(酸性)のゼリーを性交前に膣内へ挿入する

・排卵日の2日前に性交する

・オーガズムを感じないようにする

というものがありました。

 

産み分けの確率は?

産み分けの確率は、

約80%の確率で産み分けが成功する

という情報もありますがこれは、

年齢や、体調などによって左右されますし、

産み分けを指導してくれる医師の指示があるかないか

などにも影響を受けます。

 

後はご主人さんの精子の状態や

X精子とY精子の比率とかの問題もあります。

病院によっては、

精子の性別を選別して人工授精をしてくれるところも

あるかもしれませんね。倫理的問題がありそうですが。

四人目も女の子?男の子?産み分けのコツや確率は?のまとめ

産み分けのコツや確率をまとめてみました。

調べた結果、希望する性別の子供を授かる確実な方法はなくて

後は運命に任せるしかない部分があります。

私は男の子もいいなと思ってましたが、

産んでみて四姉妹で良かったと思います。

姉妹で服の貸し借りをしたり、

枕を並べて女子トークしてる姿はめちゃ可愛いです。

それに察してくれますしね!

書いてる人

こんにちは。meguです。

子育てとパートや家事の合間に副業でアフィリエイトをしてます。隙間時間の活用で副業をする方法をお伝えしてます。 参考になれば幸いです♪

詳しいプロフィールはこちら

メールマガジン配信中。登録は画像をクリック!